1. Home
  2. サービス案内
  3. メンテナンスについて

サービス案内「安心のメンテナンスサービスについて」

複合機を導入することでのコスト削減

オフィスに置いておきたい設備のひとつが複合機です。 白黒でもカラーでも手軽にプリントアウトする事ができるだけでなく、コピーも簡単に行えます。 ですからオフィスに欠かせないものですが、導入をする際に考えておきたいのがコストパフォーマンスです。


初期費用が少ない状態で導入したいと考えた場合、リースを利用する事が有効です。 リースの複合機にはトナーを購入するタイプのものと、カウンター式になっているものがあります。 トナーを購入するタイプのものは、トナーがなくなれば、その都度、トナーを購入し交換をしていく必要があります。


トナーの減り方は、プリントをする時に塗りつぶす状態になる面積によって大きく変わります。 少ない文字の書類をプリントする程度であれば、少量で済みますが、黒く塗りつぶしたような書類、絵や写真をプリントアウトすると一気にその量が減り、短期間での交換となり、割高になってしまう事も少なくありません。

 

、コストパフォーマンスが良いとされるのが、カウンター式

それに対して、コストパフォーマンスが良いとされるのが、カウンター式のものです。 これはリース料とは別に、カウンターから使った枚数を計算し、その分のカウンター料金を支払っていくというものです。 カウンターは白黒と、カラーとそれぞれに設定され、利用した枚数分を支払っていく事になります。


この時にしっかりと確認しておかなければ行けないのが1枚分の料金です。料金はリースをしている業者やリースする複合機によって大きく異なり、白黒であれば1枚1円から5円程度、カラーであれば1枚10円から30円程度となっている事が多くなります。


この単価が安ければ安い程、お得に利用できるという事になりますが、単価の安い複合機というのはリース料が高く設定されている事になります。1枚の単価がとても安くても、リース料が高ければ、毎月その高いリース料を支払う必要があり、それによって月々のコストは高くなってしまいます。

 

1ヶ月に複合機を利用する回数というのはオフィスによって様々です。

1ヶ月に使う回数が少ないというオフィスの場合、リース料が高い複合機を選ぶと、1枚の料金は安くても、そのリース料が固定費として大きな負担になってしまう事になります。 それを考えると、1ヶ月に使う回数が少ないという場合は、1枚あたりの単価が多少高くなっても、リース料が安い複合機を選んでおく方がお得になります。


それに対して、1ヶ月に使う回数がとても多いオフィスの場合、リース料が安くても、カウンター料金がとても高い複合機を選んでしまうと、リース料自体はとてもお得でも、カウンターから計算した金額が大きな負担へと変わる事になります。


ですから、使う回数が多いのであれば、リース料が多少高くなっても、1枚あたりの単価が安い複合機を選んでおく事がおすすめです。 複合機のコスト削減を考えたいと考えるのであれば、毎月の利用の回数を考え、1ヶ月に必要な料金を計算してみる事が有効です。 リース料と、1枚あたりの単価、使う回数から料金を計算し、比較検討すると、最適な複合機を選ぶ事ができるようになります。


そして、リースをした後、少しでもコスト削減をしたいと考えた場合に有効になってくるのが、使う回数を減らす事、カラーでの使用を減らす事です。 無駄なプリントをしないだけでもコストの削減に繋がりますが、それ以外に、カラーは単価が高い為、必要でない限り白黒を選んで使うという事でもコスト削減に繋がります。


ですから、リースをした後の、使い方というのも重要になってきます。 そんな中、注目を集めているのが、リース料のみで利用できる複合機です。 リース料のみで利用できるプランの場合、通常の複合機に比べると、リース料自体は高めとなります。 その為、リース料のみで比較検討をすると、割高になってしまうコスト削減には繋がらないと考えてしまう人は少なくありません。

 

複合機を選ぶ事で大きなコスト削減

ですが、これまでのリース料とカウンター料金の月々の合計が、このリース料を上回っているオフィスの場合、リース料のみで使える複合機を選ぶ事で大きなコスト削減に繋がります。 リース料のみで利用できる複合機のメリットとなるのが、印刷をする枚数を制限しなくて良い事、フルカラーでも手軽に印刷ができるようになるという事です。


カウンター式になっているものであれば、コストを考え、カラーは本当に必要な時のみという使い方になってしまう事は少なくありません。 ですが、カウンターを気にしなくて良いのであれば、単価を気にする必要がなく、手軽にカラーで印刷をする事ができるようになります。 ですから、とても見やすい書類を手軽に作る事ができるようになるだけでなく、様々な活用の仕方が可能となってきます。


勿論、通常のリース料とカウンター料金を支払う方がお得になるオフィスもあります。 ただ、複合機を使う回数が多く、少しでもコスト削減をしたいと考えているのであれば、カウンター料金をしっかりと意識しておく事がおすすめです。