サービス案内「安心のメンテナンスサービスについて」

カウンター料金を節約するには

何とか経費削減をしたいと考えている方は非常に多いと思いますが、経費の中でも馬鹿にならないのが複合カウンターやコピー機のカウンター料金です。 知らず知らずのうちにたくさん使っていたり、あまり使っていないのに単価の高いカラーを使用していたので高額料金になっていたりと経費が高くなってしまうケースがたくさんあります。


それに使い方をよく知らずに色を出力していて白黒料金ではなくカラー料金になっていたり、迷惑な大量のFAXが送られてきたりと意外なところで費用が掛かってしまいます。 複合機やコピー機のカウンター料金を節約する方法を知っていれば、今すぐできる経費削減になります。

 

今すぐできる経費削減の方法

まず重要になってくるのがパソコンからのプリントカラー設定です。


カウンター料金はカラーで印刷してしまうと料金が高くなってしまいますから間違ってカラーで印刷してしまわないようにしっかりとした設定にする事が大事です。パソコンから設定でデバイス欄を開きプリンターの印刷設定をします。
印刷設定ではプリンタの細かい設定ができるようになっていましてカラーモードをグレースケールにしてみてください。


カラーにすると色があると全てがカラーになり、白黒にすると全てが白黒になりますがグレーススケールにする事によってカラーを白黒に変換して印刷してくれます。 カラーで印刷したい時は確認画面においてカラーを選択すれば良いので勝手にカラーになる事がなく設定でカラーにもできますから非常に便利になります。

 

もう一つのカウンター料金を節約する方法ですが、複合機の集約機能を使ってみてください。 基本的に用紙のサイズが違っていてもカウンター料金は同じになりますので大きな用紙を用意しまして、それに複数のものを一つに印刷すれば料金が1枚で済みます。 方法はコピーの特別昨日からページ集約に進み増して、レイアウトや境界線を決め、用紙の大きさや倍率を設定して印刷をすれば良いだけです。


そうする事によって一枚の大きな用紙に本来印刷したかったものが複数コピーされた状態で印刷されますので大きく節約できます。印刷した後は自分で決めた境界線に沿ってハサミ等でカットすれば良いだけなので簡単です。

 

ここで注意して欲しいのが両面印刷になります。

用紙の枚数は片面印刷と一緒で1枚になりますがカウントは2になってしまいますので間違えずに1枚で行ない、カットするなり工夫して節約してみてください。 倍率等をもっと工夫する事によって1枚でたくさんのものが印刷できますから色々考えてみると良いでしょう。

 

次ぎの節約方法になりますが紙をできるだけ利用しないようにするのも良いかもしれません。印刷すればするほどカウンター料金が掛かってしまいますので、できるだけ印刷しないようにすれば経費削減する事ができます。 特にFAXを大量に利用する場合だとFAXを送信する度に料金が掛かってしまいますので、それをペーパーレスにする事により節約できるのです。

 

その方法はPC-FAXに対応している複合機を利用する事によってパソコンのデータを直接FAXとして送信する事が可能となります。 今までのものだと紙を印刷して複合機を通してFAXを送信していましたから紙が絶対に必要になっていますけどパソコン上のデータであれば紙にする必要がありません。


紙にしないという事は印刷をしないのでカウンター料金を節約する事ができ、紙も大量に溜まっていきませんので資料の保管もしやすく分かりやすくできるでしょう。カウンター料金を節約する最後の方法になりますが、できるだけ設定ミスや間違いを無くすようにすると良いでしょう。


意外と多いのが間違ったものを印刷してしまった、迷惑FAXを受信してしまって印刷したといったケースになります。
こういったミスを繰り返す事によって塵が山となり大きな金額となってしまいますからミスをしないようにする事が大事です。


そのためには印刷プレビューを利用して間違いがないかを確認してください。最新の複合機になりますと液晶のパネルから完成のものが確認できたり、見てから印刷ができるといった機能が備わっていたりしますので確認してから印刷ができます。


自分の目で確認してから印刷ができますので間違って受信したものが自動的に印刷される事もありませんし、不要なものや間違ったものを印刷する前に削除する事もできてしまいます。 もちろん印刷前に細かく確認する事ができるので印刷ミスを減らす事ができますし、ちょっとした事でカウンター料金が高くなってしまうといった事を防げます。
古いものだと最新機能が備わっていないかもしれませんが、事前にしっかりとした確認をする事が節約に繋がります。

 

このようにちょっとした機能を使ったり、確認したりする事によって今すぐにでも経費を削減する事ができるのでカウンター料金で悩んでいる方は参考にしてみると良いでしょう。